バイリンガルの形態とは

バイリンガルと言っても様々なバイリンガルの形態があることはご存知だろうか?

 

一般的なバイリンガルのイメージは国際結婚などにより両親の母国語が異なり、生まれた時期から2つの言語を同時に吸収をする同時バイリンガルが主なバイリンガルのイメージである。

 

両親がともに日本人であり、英語環境を整えて英語に慣れることを早期継起バイリンガル、5歳以降から第2言語が入ってくるのが後期継起バイリンガルと呼ばれているのである。

 

このような種類がある中、どのような方法が一般的にバイリンガルになるためには適切なのかを考えると英語を覚えさせるには時期が早ければ早いほど良いという結果が出ている。

 

2〜3歳ほどが一番吸収力が良く、12歳ほどまで続くが、後は衰退をしていく一方である。

 

つまり2〜3歳ほどで英語を勉強できる英語の環境を作り上げてあげることがベストな状態だといえるだろう。

 

そして早ければよいという理由はほかにもあり、外国人は口を大きく開けて口と舌の筋肉をフルに使って英語を話すが、日本人にはそのような特徴はない。

 

この感覚は幼いころから身につけるため、なおさら英語を学ぶのであれば早い時期から始める方が良いのである。

 

早期英語教育をオススメする。

 

英語ができる子供を育て上げることは簡単なことではないが、努力をすることを惜しまずバイリンガルの教育に努めて頂きたいと感じている。

 

必ず子供は親に答えてくれるため、挑戦をどんどんしよう。

 

子供