バイリンガルで気を付けること

子供をバイリンガルにする際に気を付けならないことをピックアップしてみた。

 

まず一つは英語と日本語を混ぜて話すことは避けなければならないことだ。

 

日本語の文章の中で単語だけを英語にしてみたり、英語に日本語をくっつけて話をすることはとてもよくない。

 

理由としては脳のチャンネルが毎回切り替わってしまい効果がとても薄くなってしまうことがある。

 

英語は英語だけ日本語は日本語だけと統一をしっかりして教えていかなければならないのだ。

 

次に混ぜて喋ってしまったことに対して注意をしてしまうことだ。

 

たまたま英語が先に出てきてしまっただけであり気にする必要はないため気を付ける。

 

次にDVD教材である。

 

小さいうちにDVD教材などをずっと使うことはよくなく、見せすぎて日本語も英語も発語が遅れてしまうことがある。

 

乳幼児の言語能力は一方的に聞くだけでは発達することはできない。

 

大人とのコミュニケーションを用いることでしっかりとした発達をすることができるようになる。

 

物は使い方次第だが、あまりにも物に頼ってばっかりの行動をしてしまうのはとても大変なことに繋がる可能性が出てくることを十分に承知した上で英語教育をしていきたいところだ。

 

そして何よりも後悔をしてしまうという発想をしないようにすることである。

 

バイリンガルにすることはとても大変なことであり失敗は許されない部分がある。

 

何よりも子供の将来にも影響が出てくる部分であり真剣に取り組むことができある程度の投資ができる余力がなければ難しいことがたくさんあるだろう。

 

しかしそれでもバイリンガルにしたいという覚悟があるのであればそれを信じて進んでいかなければならない。

 

必ず結果として英語と日本語が喋れるようになるのであればそれだけで人生のアドバンテージを稼ぐことができるからだ。