英語のスクールを検討する

英語環境を整えることは重要だが、さらなる高みを目指していくことも考えるとなると教育施設にも委ねていくことを考えるのが最もだろう。

 

外部のスクールもいろいろなスクールがあるため、ぜひ参考にしよう。

 

大きく教育施設で考えられるのは、プリスクール、英会話学校、インターナショナルスクールの3つだろう。

 

一つ目のプリスクールは、英語を使って保育を行う施設のことである。大体は2歳から入学をすることができ、英語を中心とした保育を受けることができる。

 

プログラムの内容は朗読や音楽、読み書きなど一般的な保育施設と変わらない。

 

ただ英語中心で勉強するかどうかの違いだけである。

 

しかし普通な幼稚園や保育園よりも値段が高く月額費用も変動するためお金に余裕があったり投資することを前提として考えなければ難しいだろう。

 

次に英会話学校である。

 

英会話学校にももちろん子供向けのレッスンを受けることができる。

 

グループレッスンやマンツーマンレッスンなど多種多様に渡っており、自分の子供に合ったレッスンを受けるための方法を模索していくことができるだろう。

 

しかしお金は掛かってしまうのは致し方ない。

 

もう一つはインターナショナルスクールだ。

 

元々は日本に在住する外国籍の児童のための教育施設だったが最近では国際化の影響により日本人でも入学ができるスクールが増えていっている。

 

しかし入学をする条件がとても難しい。

 

まず英語力の高さは第一条件で英語の面接がある。

 

そして保護者がネイティブな英語力を持っていないと入学自体が許可されない。

 

もちろん英語力が無ければ理解できないと困るという点である。

 

このようにスクールはあるためもし検討ができるのであれば試してみるとよいだろう。

 

男女2